カテゴリー : 園長の考え

園庭計画

この日記は、毎日の保育の様子だけでなく
自分の考えや思いも書く雑感的なものもよくアップされます。

というわけで、今回は園庭計画についてです。

恵庭幼稚園の園庭は、一見すると幼稚園らしからぬ園庭です。
一般的な幼稚園は、広いグランドがありブランコや滑り台、
アスレチックなどが置いてあります。

もちろん、ブランコもアスレチックもありますが、
それ以上にその他のものがいくつもあります。
まずは樹木。

「幼稚園の紹介」にも記載していますが、10年前まで木が1本もない園庭でした。
そこに約20本の木を植樹。
その選定は、広葉樹と針葉樹。果樹と花樹です。
今年は桜が早く咲きましたが、例年、春一番にこぶしが先、その次に梅と桜。
今は梨の白い花が咲いています。この後、木瓜の赤い花、花桃の白い花と続き、
10月のムクゲまで常に園庭のどこかで花が咲いています。

次に遊具。
園庭の遊具というとブランコやアスレチックなどを思い浮かべるでしょうが、
恵庭幼稚園の遊具は何と言ってもスコップです。しかも鉄製。
土を掘り、土を削り、水を流して水路を作ります。

もう一つは竹。
竹をつなげて井戸水の水路を作って遊びます。
ということは、井戸も遊具の一つですね。

そして土。
土は全部で5種類あります。
まずは砂が2種類。
①年少の砂場の砂は、「左官砂」と呼ばれる左官屋さんがコンクリートや
タイルなどの作業をする時に使う目の細かいサラサラした砂です。
②年中長の砂場は「山砂」と呼ばれる目があらく水を含むと少し固まる砂です。
土は3種類
③園庭のほとんどをしめるのが「火山灰」。水が染み込まず、スコップで掘ると簡単に
掘ることができます。
④砂場の近くにあるのが「黒土」畑にも敷けますし、何にでも使えます。
⑤最後に「粘土」これは井戸の近くにあって泥遊びに最高のグチャグチャ粘土です。
乾燥するとカチカチに固まることから、皿などの形にして天日干しをすると、
遊びで使う皿としては十分使えます。

マズイですね。
この調子で園庭を紹介し続けると100行を超えてしまいそうです。
園庭紹介をこの辺で終えて、タイトルに戻りましょう。

今年の園庭計画で考えているのは、年少空間の異年齢化と立体化です。
今までは、どうしても芝生のスペースは年少。
奥の園庭は年中と年長という感じでした。
それを変えようと思います。

異年齢の関わりから育つもの、
それは年長者への憧れや年少者へのいたわりといった心の面や
遊びの伝承(独楽、泥遊び、水遊びなど)、
さらに安全面においても年長者の遊ぶ姿を見ることで、
年少者が遊び方を見て覚え、結果的に危険を回避することにつながることなど
多岐にわたります。

普段の保育活動が同年齢で行うことがおおいので、
遊びは異年齢の関わりを自然と生み出していきたいと考えました。

そのために必要なのは環境(園庭)の工夫です。
ただ、一緒に遊びなさいと言っても遊べるものではありません。
ましてや、奥の園庭は様々なしかけがされていることから
5歳児には安全でも3歳児には危険なものもあります。

そういったことを配慮しながら、園庭を計画しなければなりません。

昨年、年少前の回転滑り台に登る段をつけました。
階段ではありません。段差80cmの登る段です。
回転滑り台の高さは5m近くあるので、誰でも簡単に登れるのはかえって危険です。
段差80cmを登れる子であれば、落ちる危険はありません。
(文章では伝わりにくいですね。ニュアンスは伝わるでしょうか)
この難易度は、年少だけでなく年中長にもヒットだったようで、
年中長がどんどん遊びに来ます。
それを見て、年少が登り方を覚え、また伝授され登っていきます。

年少の前に難易度の高い遊具を作ることで、必然的に他学年が遊びに来て
交流が図れるようになったのです。

また年少の砂場に黒板を2つつけました。
春の園舎改修で不要になった黒板です。
黒板への落書きは、最高に楽しい遊びの一つです。
これがあると絵の好きな子は、年少の空間で遊ぶことになるでしょう。

そして、今年やりたいのが年少砂場の上に立体遊具をつくることです。
砂場の上、高さ150cmぐらいの所に2段目、そこから段差をつけて
180cmぐらいの所に3段目。
さらに270cmぐらいのところに4段目を作り、園舎の方へ伸びていきます。
最終的には5段ぐらいにして2階のベランダとつなげ、
2階滑り台とベランダ、砂場が一体化したものにしたいと考えています。

高さにこだわるのは、もう一つ理由があります。
『俯瞰』です。
子どもの視野視点は地面に近く、とても狭いです。
その子どもの視野視点を広げるために、上からモノを見る『俯瞰』
という感覚を伝えたいのです。

平面の2次元認知ではなく、上空から全体を捉えた3次元認知の世界へ
子ども達が遊びを通して自然と導かれる。
そんな園庭の遊具があるといいなと考えました。

園庭計画は他にもあります。
ただ、これも紹介し始めると行数が、、、、。

というわけで今日はこの辺です。
子どもの遊びを考えるのは本当に楽しいです。

父母の会運営委員会

今日は午後から「父母の会運営委員会」がありました。
クラス役員のお母さん達が集まり、1年間の活動について話し合う会議です。

恵庭幼稚園の父母の会は、とても珍しく
(おそらく北海道で唯一、全国的にも聞いたことがありません)
役員が全員お父さんです。
具体的に紹介すると、会長、副会長、幹事、会計、監査。
その9名全員がお父さんという会です。

別にお母さんを入れないわけではありません。
ですが、自分が幼稚園に入った10年前からすでのそうなっていました。
その分、お父さんの親父パワーはものすごく
イベントは毎回100人以上集まりますし、お祭りにお店を出したり
去年は、ついにオヤジ劇団まで作ってしまいました。

どこまで行ってしまうのかわからないぐらいのパワーがあるオヤジですが、
実はオヤジの会はありません。

あくまでも父母の会の活動です。
(役員がオヤジばかりなので)

話がそれてきたの元に戻しましょう。

役員がオヤジなので、クラス委員はお母さんが中心です。
(「中心です」と書いたのはお父さんの年もあるからです)

恵庭幼稚園の父母の会も10年間で色々ありました。
自分が来た10年前は、クラス役員がすべてやる会でした。
すべてとは、遠足、運動会、レク、発表会、もちつき、先生への贈り物等々すべてです。
それをクラス2人の役員が全部やるいという会でした。
すさまじかったです。
仕事のようでした。

さすがにそれは大変なので、父母の会で話し合い、人数を増やすことになりました。
クラス2名のクラス役員を3名に増やすというものです。

しかし、人数が増えてもやることは同じなので結局大変。
そこで係を増やして役割を細分化しました。
また、先生への贈り物は、園としてお断りすることにし全面的になくしました。
これが結構全面的です。
「手紙もなし」です。
「ちょっとぐらい」をありにすると、最初の年は良いですが、
だんだんどこまでが「ちょっとぐらい」かわからなくなり、
変えたときの趣旨をわかっている人がいなくなると結局、元に戻るという
ことがよくあります。
なので、先生への贈り物関係は『すべて一切なし』に統一しました。
このようにクラス役員の内容を見直し、今ではクラス役員の仕事は
ほとんどレクのみになりました。

ちなみに茶話会や懇親会などもありますが、これは父母の会としての活動ではありません。
会としては「やらなくても良い。やっても良いけど」ぐらいのスタンスです。

クラス役員の決め方も変えました。
今までは希望をとって調整。
居なければ(居ない方が多いですが)担任の先生が家庭訪問の時に打診、
それでもいなければ何日もこれまた担任が各家庭に電話。
なんてこともありました。

それが昨年から、4月の参観日の時に一発勝負で公募にしました。
恵庭幼稚園の参観日出席率はほぼ100%で、クラス懇談の参加率もほぼ100%です。
去年からこの方法で行い、ほとんどこの日で決まっています。

このようにして色々と変わりながら、今の形となり、そうやって受けていただいた
クラス役員さんの顔合わせと集まりが今日の運営委員会です。
(ここまでが前置きだったら、無茶苦茶長い前置きですね)

今年は第1子の保護者が多いため、初めてクラス役員をやるお母さんがほとんどでした。

毎年のように運営委員会を見ていると、5月の第1回の時はやや緊張気味ですが
1年間の活動(親子レクなど)を進めていくうちに幼稚園に足を運ぶことや
先生と連絡を取ることも多くなるので、次第にお母さん同士や園との距離も近くなって
最後、2月の運営委員会では和気あいあい、話し出したら止まらないぐらいの感じに
なっていきます。

そして、毎回、お母さん達の口から聞かれるのは
「やってよかった」
「良い経験になった」
「他の人にも経験してほしい」
というものです。

ある本に「幼稚園時代は、ママ達の青春期」というフレーズがありました。
結婚して家庭を持ち、子どもが産まれ、学生とは違う生活の毎日ではありますが、
それらはすべてプライベートのことです。

我が子が幼稚園に入ると言うことは、親もまた親として学校に入ると言うことです。
学校での一番の思い出が授業や勉強ではなく、友達ができることや友達との関係であるように
幼稚園ママもまた、自分自身で言えばママ友ができたり、ママ友との関係が
幼稚園時代の思い出になります。
そして、幼稚園を通しての経験や思い出はプライベートとは違う、新たな公的な世界や関係づくり
でもあるのです。

中高生の時に先輩や後輩ができたように、幼稚園ママとして緩やかな先輩後輩の関係ができたり
父母会の活動やお手伝いを通して新たな人間関係や世界が広がったり。
子どもの年齢が上がれば上がるほど学校との距離感は広がっていきます。
我が子とほぼ一体の関係で学校に通う幼稚園時代だからこそ、「ママ達の青春期」というわけです。

その青春期にクラス役員になるということは、部活や生徒会に入るようなものです(大袈裟に言えば)
大変ですが、大変だからこそ達成感があり、世界が広がり、自分自身にかえってくるものも大きいのでしょう。

「お母さん、頑張ったねと我が子に言われたのが嬉しかったです」
「他のお母さんから、レク楽しかったよと声をかけられたのが嬉しかったです」

自ら行動を起こせば、必ず何かが生まれ、それは自分にかえってきます。
それが「子ども達の為」であれば、プラスの結果以外考えられません。

我が子と共に、我が子以外の子どもの事も考え、
クラス役員として頑張ってくれるお母さん達。
園としても、私自身も精一杯応援します。

皆で一緒に「ママ達の青春期」を楽しみましょう!!

こすもす保育園開園式

今日は新しい「恵庭市こすもす保育園」の開園式です。
こすもす保育園は、昨年度よりリズム学園が運営委託を受けて開設している
公立の保育園です。

運営しているのはリズム学園ですが、設置しているのは恵庭市なので
名称も「学校法人リズム学園 恵庭市こすもす保育園」となっています。

元々は駅前にある旧園舎(築30年以上)にあったのですが、老朽化(耐震問題)と
駅前再開発計画により、今回、駅前ビルの1階に入りました。

公立の保育園で駅ビルに入っているのは北海道唯一です。
よく都市部で駅やビル内で保育所を見かけますが、これらは民間の保育園です。
繰り返しになりますが、こすもす保育園はリズム学園が運営しているモノの
公立ですので、全国的にも珍しいケースですね。

駅ビルのため園庭は10m四方あるかないか。
そのハンデを逆手にとって、どれだけ面白い園庭を作るか。
広い敷地を持つよりもワクワクします。

学校法人である恵庭幼稚園(リズム学園)が保育園を始めようと思ったのは、
保護者の声がきっかけです。

「恵庭幼稚園の教育を受けさせたいのですが、共働きのため通わせることができません」

幼稚園には預かり保育の制度があるものの土曜日はやっていません。
また、0歳〜2歳児はやっていないため、職場復帰にも制限が出てきます。

「保護者の就労の状況に関わらず、恵庭幼稚園の教育を受けられるようにしたい」

それが保育園を始める理由でした。
ですので、こすもす保育園は社会福祉法人ではありません。
学校法人、つまり学校が運営する保育園です。

そのため3歳児以上は学校教育を基本に保育を進めていきます。
と、強く言いたいところですが現在、こすもす保育園に通っている子ども達は、
保護者がこういった考えに賛同してこすもす保育園を選んだ訳ではありません。

恵庭市が恵庭幼稚園に決めて、在園途中で運営が変わったのです。
なので、3歳児以上の教育内容については、徐々にでしょうね。

それでもこの1年で子ども達は変わってきました。
「自ら考え、自ら行動する」
「生活や遊びの中に知的活動を取り入れ、知的興味関心を養う」
少しずつではありますが、教育の成果が見られます。

新しい園舎では、保育スタイルも新園舎に合わせたものにしました。
0歳〜2歳は、食べる、寝る、遊ぶのゾーンをしっかり分け、
特に0歳児は1日の流れも個別の生活リズムに合わせて保育をしています。
わかりやすく言うと、全員一斉に食べる、寝る、遊ぶをしないということです。
0歳や1歳は、一人ひとり生活リズムが違います。
それを無視して全員同じにすると、食べたくないのに食べさせられる、
眠たくないのに寝かされる、休みたいのに遊ばされることになります。
これでは一人ひとりを大切にしていません。

0歳、1歳の丁寧な関わりが、3歳〜5歳の育ちに関わってきます。
家庭の代わりとなる保育園だからこそ、家庭と同じように一人ひとりに
あわせた保育をしていきます。

また、室内の遊具や教材は木製や布製を基本として質の高いものを。
3歳〜5歳も食べる、寝る、遊ぶを分け、異年齢を基本としたクラス編成をしています。

詳細は保育園のホームページに任せることとして、
いよいよリズム学園の保育園が新しい場所でスタートすることになりました。
恵庭幼稚園とも良い意味でお互い刺激を受けながら、
「子どもが育つ」場所を作っていきたいと思います。

花見と弁当

4月に満開の桜を見るのは、初めてかもしれません。
数年前には5月中旬の遠足でも開花しておらず、
ジャンパーを着ながらつぼみの下でお弁当を食べたのを覚えています。

それが今年は、雪も少なく陽気も早く
まさかの4月開花です。

そんなわけで、子ども達は早速、お花見。
桜の木の下でお弁当を食べていました。

こういった事ができるのがお弁当の良い所ですね。

今や恵庭市内でお弁当のある幼稚園は、恵庭幼稚園だけになってしまいました。
ある保護者から「毎日、給食にはならないのですか?」
という質問を受けたことがあります。

「毎日、給食だと1日が給食に縛られてしまいます。
 どんなに天気が良くても給食を食べに帰ってこなければなりません。
 『風が気持ち良いから外で食べよう』
 『今日は1日中、公園で過ごそう』
 そういったことができなくなります。
 子ども達には、栄養やバランスだけでなく
 自然と共に食を楽しむ経験もしてほしいと思います。」

そう答えると「私もそう思います」と言ってくれました。

恵庭幼稚園のお弁当は週2回です。
その2回は、園内だけでなく積極的に外に出て、四季の自然を感じながら
食を楽しんでいきたいと思います。

IMG_3223

IMG_3225

全国学力調査

今年も小学6年生と中学3年生で全国学力調査が行われました。
今年は3年ぶりに理科が実施され、その内容には少し驚かされました。

というのも、理科の問題のほとんどが観察と実験ばかりだったからです。
算数と国語は、A問題B問題に分け、基本と応用を見る問題が作られていました。
同じように理科も基本的知識(暗記)を問う問題と応用の問題で編成されるかと思ったのですが、
ほとんどが観察と実験。

これは、今後の学力が20世紀学力と言われる知識集約型から
21世紀学力と言われる知力活用型に移る中、
学校で問われる学力も大きくシフトしているということです。

具体的な問題を見て、感じることがありました。

例えば「振り子」の問題。
振り子の長さやおもりの重さを変えると、振り子の動きはどう変わるかという問題でした。
知識を使って答えられなくもないですが、小さい頃から遊んでいる子どもは
身体感覚によって本能的に答えることも可能です。
なぜなら、振り子はそのままブランコと同じだからです。
ただ、いつも同じブランコで遊んでいては答えられません。
自由に使えるロープであったり、森の中にあるようなハイジのブランコであったり
色んな経験をしている子どもは、身体感覚で答えることが出来るでしょう。

他の設問にはメダカの問題もありました。
ただ、実際にメダカを見たことがある子は北海道にどれくらいいるでしょうか。
園庭でメダカを自由に捕まえたり、森でヤマメを釣ったり。
そういった実体験が知識を身体化し、知恵へとつなげていくのでしょう。

暗記を否定するわけではありません。
知識は知恵を活かす材料です。
材料が無ければ知恵も活かしようがないですから。

しかし、材料だけ合ってもものは作れません。
そのためにどうするか。
やっぱり遊ぶしかありません。

それも決められた遊びではなく、自由な発想の遊びです。
今回の全国学力調査を見て、あらためて幼少期(小学3年生頃迄)に
思いきり遊ぶことの大切さを感じました。

名札

新学期が始まり、年長さんは名札の明記が変わりました。
恵庭幼稚園では、
年少はマークとひらがな
年中はひらがな
年長は漢字にひらがなです。

年長を漢字にしたのは去年からで、理由は2つあります。
1つ目は、小学校に上がる前に漢字に触れ、興味をもってもらうこと。
2つ目は、名前に込められた意味を自分も先生達も大切にしていきたいということです。

同じ「しょうた」であっても
翔太もあれば将太も、祥大もあります。
ひらがなだけでは、どんな意味が込められているのかわかりません。

こども自身は、そこまで意識していないでしょうが、
先生達は、その名前を大切にして呼びたいと思います。

実際、自分が中学教師をしていた頃は、
生徒の名前を呼ぶときや生徒のことを考えるとき、
名前は漢字で浮かんでいました。

それが転職して幼稚園にきて「ひらがな文化」に慣れてしまうと
子ども達のことを考えるとき、頭の中で出てくるのはひらがなの名前です。
ちょっとしたことですが、とても大事なことです。

「一人ひとりを大切に」というのであれば、
呼び方一つ、名前の表記一つ、大切にしていきたいです。

、、、と、ここまでが長い前振りで、
今日の様子は、その名前の書いてある名札です。

恵庭幼稚園の名札は、クラス毎に色が違います。
年中さんは、お互いの名札の色を比べて「赤だから、かなりや組だね」
「黄色はうぐいすさん」と話していました。

年長になると漢字に興味があるようで、読めないまでも
「同じ字がある」と話しています。

名札をつけていない幼稚園もありますが、
大人だって市役所などで窓口の人がIDをつけていたら
名前を確認しますよね。

転入や新入も子がいますので、その子達のことを考えても
名札は相手を知る手がかりとして必要だと考えます。

というわけで、名札を見ながらコミニュケーションをはかる。
4月らしい光景が見られた今日でした。

市民先生

今日は幼稚園ではなくて、今年の4月から始めた民間学童ONE STEPの話題を一つ。

学童保育とは、保護者が仕事をしている家庭の子どもを預かる施設です。
恵庭市の場合は、市の学童しかなく、利用条件は上述の通り保護者の就労です。
また、活動についても制約が多く、基本的には屋内(室内)のみです。

共働き世帯の増加に伴い学童保育利用者も増え、現在、恵庭市ではパンクに近い状態になっています。
40人近い児童が1つの部屋に入り、毎日、同じ顔ぶれで、毎日、同じ遊ぶもの、同じ場所で1年間を過ごす。

本来、学童期は学校で知識を学び、放課後は色々な経験をして知恵をつけるのが、その過ごし方です。
幼児期に遊びが大切なように学童期にも放課後の豊かな遊びは必要なのです。

せっかく、恵庭幼稚園で思いきり遊び、経験の質を高めたとしても
小学校に行ってそれが失われるのであれば、伸びるモノも伸びません。
「後伸びする力」をつけても「後」がないのですから。

そこで、豊かな放課後をつくるため、ONE STEP(ワンステップ)という民間学童を始めました。
豊かな放課後が必要なのは、なにも保護者が就労している子どもだけではないはずです。
そのため、ONE STEPでは、保護者の就労を条件とせず、市内すべての子どもを対象に実施しています。
また、プログラムは屋外遊びを基本として、地域の様々な大人と出会い、多様な経験をするものとしています。

幼稚園で培った知的好奇心は、小学校の学習(授業)で、
行動力や創造力は、放課後の遊びや経験で生きるものと考えています。

、、、と、またしても前振りが長くなってしまいました。

そんなONE STEPでは、地域の方を先生にしています。
市民先生です。

その市民先生によるプログラムが、今日ありました。(これがメインの話です)
「美しいまちづくり」恵庭ネットワークのみなさんで、
市内の小中学校で華道や茶道のボランティアをしている団体です。

初めての今日は、野に生える草花を使って簡単な生け花を教えてくれました。
花を生けることは幼稚園ではやっていなかったので、子ども達も興味津々。
とても楽しそうでした。

これから月に一回、市民先生として華道や茶道のプログラムを提供、協力してくれます。

幼稚園や小学校も、今までは「子どもは園や学校の先生が教える」というのが当たり前でした。
しかし、内容によってはもっと地域の方に甘えても良いのかなと思います。

『地域の子どもは地域の大人が育てる』

そんな気持ちをもった大人が増えれば、その街で育つ子どもは健やかに大きくなるのではないでしょうか。

まだ生まれたばかりの民間学童ONE STEPですが、良いスタートが切れました。

色んな部屋

今日は新しくなった年長の空間を紹介します。

恵庭幼稚園には色んな空間、部屋があります。
幼稚園の教室というと、
黒板があって、机とイスがあって、ピアノがあってというイメージでしょうが、
恵庭幼稚園の教室には黒板がありません。

正確に言うと今年度から黒板がすべてなくなりました。
今まで年中の教室のみ黒板がありましたが、それも外してしまいました。

「黒板」というモノ自体が「先生が何かを押しつけるように教える」という
教師=生徒という関係性の象徴のようなものだからです。

幼児教育は、子どもが自ら動き、学ぶ、「アクティブラーニング」の形式をとります。
その形式では黒板よりも、お互いの顔が見えて語り合い、議論する場の方が
学ぶ空間としてはふさわしいです。

そういった考えから、黒板をとってしまいました。
ただ、まったくないわけではなく、代わりに小さなホワイトボードがあります。
説明や紹介だけなら、これで十分です。

話がそれましたが、要は21世紀になり学びのスタイルが変わってきているので
園舎や教室もそれに合わせて変えていこうというのです。

というわけで、今日の写真です。

IMG_2447

IMG_2449

IMG_2450

 

 

 

 

 

年長は、和室、木の部屋、デザインされた部屋などがあります。
この他にもキッチンやアトリエもあります。
ソファーのある空間もあります。
目的別に様々な空間を用意することで、子ども達は多様な活動が展開できます。

また今年も新しくなった恵庭幼稚園。
どうぞ、遊びにきてください。