オヤジキャンプ

2015年5月以来の投稿です。

その間、気がつけば自分は学園長となり、今は「はやきた子ども園」の園長になりました。(2016年4月から)

なので、園長日記ですが、今回は学園長日記として投稿します。

 

なぜ、今になって投稿することになったかというと、この画像を見てもらえばわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、今日は冬のオヤジキャンプの日なのです。

 

きっかけは3年前。

あるお父さんの「せっかく森があるのだったら、冬もキャンプが出来ないか?」という一言でした。

電気も水もなく、真冬にキャンプなんて誰もが本気にしませんでしたが、そこは恵庭幼稚園のオヤジ達です。

「じゃぁ、試しにやってみる?」

「災害時に冬でも生き残れるか試してみないとわかんないよね?」

そんなムチャクチャな理由で、やってみることになったのです。

 

初年度は、何もない森で焚き火をして焼肉。

雪の上の焚き火なので雪が溶けて焚き火に入り、煙がスゴい。

目はイタイは、煙はくさいはで散々でした。

それでも無事に生還して「イケるね!!」ということになり、そして2回目の昨年。

一年目の教訓をもとに、焚き火はしっかりと雪や水が入らないように。

快適なキャンプだったはずなのですが、この年はとにかく寒かった。

 

森の気温はマイナス15℃。

ビールが凍り、クーラーボックスは凍らないために使う入れ物でした。

なんとか生還したものの寒さがひどくて、「東屋を作ろう。寒くてホントにマズイ」ということになりました。

 

そして今年。

春から東屋を作り始め、10ヶ月かけて何とか完成。

今年は写真の通り、屋根もあり、壁にはブルーシートを張ってとても快適です。

 

冬の夜に灯る、森のランタン。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても幻想的です。

そしてお父さん達が作った小屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台みたいになっていますが、中は十分快適です。

子どもの頃に「やってみたいな。でも絶対、親からダメって言われるんだろうな」というような事を、今、実現させているところです。

ツリーハウス、ハイジのブランコ、ターザンロープ、森のキャンプ(夏)、冬のキャンプ、キャンプファイヤー、川でカヌー。

好き放題、遊んでいます。

一年目5人、二年目8人、三年目の今年は13人。

少しずつ、楽しむオヤジが増えています。

親が楽しいと子どもも楽しい。

ALTのアンドリュー先生も参加し、とにかく楽しくやっています。

 

 

というわけで、なぜ園長日記を再開したか。

「学園長、『園長日記』はいつ再開するんだい?」

ついさっき、お父さん達につっこまれたからです。

また、少しずつ書き始めたいと思います。